『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉県議選は知事派の「せんたく」が躍進(No1908)

<<   作成日時 : 2015/04/13 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  統一地方選前半戦の埼玉県議選は、夏の知事選をめぐり、上田清司知事の4選出馬を批判する自民党と上田氏の4選を支持する「せんたく」との対決が注目された。

  定数93人、52選挙区に対し、現職73人、元職1人、新人85人の計164人が立候補したが、うち9選挙区の11人が無投票当選したので、残る43選挙区の82議席を153人で争う選挙となった。当選者は自民45人、民主は1人増の11人、公明は全員当選の9人、共産は3人増の5人、「せんたく」は1人、無所属は22人であったが、そのうち2人が自民、2人が民主、9人が「せんたく」、推薦であった。  
  
  8月の知事選で独自候補の擁立を目指す自民党は、推薦8人を含め65人を擁立、選挙前の49議席の上積みを目指したが、現職6人が落選した苦戦で、当選は推薦2人を含め47人にとどまり、かろうじて過半数を維持した。今後、無所属当選者に自民会派入りを呼びかけるという。
  
  一方、自民党の過半数割れを目指す、初陣の「せんたく」は、公認5人、無所属17人を推薦し、計22人を擁立したが、公認1人、推薦9人、計10人が当選した。自民党を過半数割れに追い込めなかったが、2ケ台に乗せた「せんたく」は、県議会の第3勢力に躍進した。
  
  上田知事は「せんたく」の応援団長として告示の初日から積極的に「せんたく」の候補者と共に街頭に立ち、自民党との一騎打ちとなった7選挙区では、「せんたく」2人を当選させた。「せんたく」の応援により自民党との対決が決定的になった上田知事の4選出馬が一段と濃厚になったようだ。

  それにしても、県議選の投票率は37・68%と前回よりも1・86%低い過去最低を更新した。選挙区別で最高が43・62%、最低が28・63%であった。
  なお、現職2人が11期目を目指して出馬したが、自民党の野本陽一氏(75)は当選したが、無所属の佐久間実氏(74)が落選した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
埼玉県議選は知事派の「せんたく」が躍進(No1908) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる