『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 人質事件で売名家がしゃしゃり出るのか(N1888)

<<   作成日時 : 2015/01/23 13:11   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  日本人を人質にして法外な身代金を要求する「イスラム国」へ対応に苦慮する日本政府に対して、イスラム国とパイプを持つという学者が名乗り出ているが、安倍首相に「日本の人道支援を中止せよ」とツイートする政治家も現れている。

  パイプを持つという同志社大学客員教授の中田考氏は22日、都内の日本外国特派員協会で会見を開き、「シリアに渡って人質解放の交渉をしたい」と名乗り出た。
  イスラム法学者でイスラム教徒でもあるという中田氏は、イスラム国の広報担当司令官のウマル・グラバー氏と親交があり、コンタクトがとれるという。昨年8月にはウマル氏から中田氏へ、「人質になっている湯川氏の裁判をしたい」と中田氏へ協力要請があったという。外務省に協力を要請したが断られ、シリア行気を断念したという。
  中田氏は集まった200人の報道陣と十数台のテレビカメラの前で、「72時間はあまりに短すぎる。もう少し時間を頂きたい」と呼びかけた。これに対して日本政府がどう対応するか分からない。

  もう一つの話題は、小沢一郎氏の「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本参院議員が21日、人質事件について、安倍首相宛てに、「2億ドルの支援を中止して人質を救出してください」とツイートしたというのだ。
  自民党の高村副総裁は記者団に対して、「日本政府がイスラム国対策の人道支援を止めるのは論外だ。身代金も払うことは出来ない」とイスラムテロに毅然たる態度で臨む自民党の考えを表明している。
  一方、山本氏のツイートに反応したイスラム国のメンバーと見られる人物により早速、山本氏のツイートの内容がリツイートされ拡散しているが、それにしても、小沢氏の「生活の党」の助っ人になったり、人質事件で発言したり、山本氏のたくましい行動力には唖然としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人質事件で売名家がしゃしゃり出るのか(N1888) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる