『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 野党が弱すぎるが日本の政治は大丈夫なのか(No1768)

<<   作成日時 : 2014/03/14 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  こんなに野党が弱体化していいものか。日本の政治がおかしくなるのではないかと心配しています。一昨年暮の衆院選と昨年夏の参院選で自民党が圧勝したせいで、国会が自民党の「一強多弱」になったのですが、それにしても、自民党は自分たちが信頼されたと勘違いをしているようです。

  衆院では自民党の294議席に対し、野党は民主党が57、維新の会53、みんなの党9、結いの党8、共産党8、生活の党7、社民党2です。野党7党を合わせても145議席では、自民党の半分にも届かないのです。参院も自民党の115議席に対し、野党は7党で103議席です。

  NHKの世論調査によると、自民党一強の傾向はまだ続いているようです。発表された政党支持率によると、自民党の38.7%に対し、民主党6.5%、共産党3.3%、公明党2.2%、維新の会1.1%、みんなの党0.8%、社民党0.8%、結いの党0.4%、生活の党0.1%ですから、公明党を除く野党7党で13.0%にしかならず、自民党の3分の1なのです。ただ、支持政党なしの人が40%もいるのです。

  原因は野党が国民の信用を失ったからです。多党化してお互いにいがみ合っている野党に嫌気がさしたからです。ところが、自分たちが信頼されていると勘違いして暴走しているのが自民党です。数の暴力、軽薄な判断、猪突猛進、自己優先などなど、いまや国民が自民党に呆れているのです。その証拠は世論調査で明らかなように、野党は嫌いだが、自民党も嫌だという支持政党のない人が40%もいることです。

  それにしても、今回の衆院選の自民党の得票が、自民党が大敗した前回の衆院選の得票より少なかったことを忘れたようです。今回の選挙は自民党が勝ったのではなくて、民主党が大敗したのです。きっちり反省しないと、自民党も国民から愛想を尽かされて、次回の選挙で民主党の二の舞になるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野党が弱すぎるが日本の政治は大丈夫なのか(No1768) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる