『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍内閣の支持率急落、消費増税反対(No1655)

<<   作成日時 : 2013/07/25 19:24   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

  参院選は自民党の圧勝となったが、選挙直後の世論調査で、安倍内閣の支持率が12%近く急落し、第二次安倍内閣発足以来の最低となったことが分かった。

◆支持率56%へ急落◆
  共同通信は参院選が終わるのを待って22,23両日、全国緊急電話世論調査を行った。それによると、安倍内閣の支持率は56・2%で前回6月の68・0%から11・8%も急落した。不支持率は31・7%となり、前回(16・3%)からほぼ倍増した。
  安倍内閣の内閣支持率は発足直後の昨年12月27日が62・0%、2月72・8%、3月71・1%、4月71・1%、5月70・9%と高い支持率を維持してきた。50%台になったのは今回が初めてだ。

◆アベノミクスへ懸念と期待◆ 
  共同通信では、賃金上昇の遅れや円安による物価高騰など首相の経済政策への懸念が、支持率急落の背景にありそうだとしている。世論調査では「経済政策に期待できない」が29・6%(前回20・6%)と支持しない理由の最大となり、前回より9%増えている。だが「経済政策に期待できる」も31・6%(同30.7)と支持する最も大きな理由になっている。
  また、安倍内閣が最優先に取り組む課題として、58・3%が「景気や雇用など経済政策」を上げている。安倍首相の進めるアベノミクスへの期待が大きいようだ。

◆「野党再編成必要」68%◆
  参院選で自民党が圧勝し公明党を含めた与党が135議席を占め、参院の過半数(122議席)をクリアし、衆参の「ねじれ」が解消されたことについては、「よかった」39・8%、「よくなかった」17・8%だが、「どちらともいえない」が42・0%もあるのは、参院が「ねじれ」ているから野党は政権の暴走をチェックできる。「良識の府」の役割を果たせるという考えがあるからです。
  また民主党の惨敗で自民党と野党が「1強多弱」になったことについては、68・8%が野党の「再編成が必要だ」としている。「再編の必要ない」は22・7%。

◆自民支持層40%消費増税反対◆
  来年8%へ再来年10%へ引き上げる予定の消費増税については、安倍首相が秋にも判断するが、自民党支持層の40・1%が「先送り」、32%が「5%維持」で、「予定通り引き上げ」は25・4%。
  自民党以外の政党支持者も、民主43・6%、維新43・7%、公明45・2%、みんあ55・3%、共産61・9%が増税反対、無党派層の78・4%が反対か先送りだという。

◆原発再稼働反対58%◆
  原発再稼働については、「反対」が58・3%で前回調査より7・7%増えた。政党支持者別でも各党とも反対が民主68・6%、いしん68・5%、公明62・0%と圧倒的に多いが、自民支持者だけは反対40・4%より賛成47・6%が多い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍内閣の支持率急落、消費増税反対(No1655) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる