『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 参院選の世論調査:自民党の「1強」となりそうだ(No1642)

<<   作成日時 : 2013/07/01 21:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  マスコミ各社が4日公示、21日投開票の参院選について、有権者の動向調査を行っているが、自民党が他党を大きく引き離し、自民党の「1強」となりそうだ。

◆自民が大差で引き離す◆
  朝日、毎日、読売の各新聞と共同通信が6月29、30両日、全国世論調査を行い、参院比例代表の投票先を聞き、自民党に投票するという答えが、朝日44%、毎日45%、読売42%、共同31.1%と、各社とも1位であった。2位以下は各党とも一桁だった。朝日によると、2位は7%で民主党、みんなの党、維新の会の3党が並び、5位共産党5%、6位公明党4%、7位社民3%、8位生活、大地党1%、10位みどりの風0%だったが、毎日、読売、共同は順位が多少違うようだが、自民の「1強」が変わることはない。

◆「ねじれ」解消を求める◆
  参院選の結果、自民、公明の与党が参院の過半数を占めた方が良いとする答えが、朝日50%(反対33%)、毎日57%(同37%)、読売52%(同?)、共同56.3%(同29.6%)となり、半数以上が、「ねじれ」の解消を求めている。

◆「改憲」と「原発再稼働」に反対◆
  政策別には、朝日によると、「憲法96条の改正」では賛成34%、反対47%、「原発再稼働」では賛成29%、反対53%と、いずれも反対が大きく上回った。
  安倍首相の「経済政策」については、評価するが50%、評価しないが31%。経済政策が賃金や雇用の増加の結びつくかでは、結びつく32%に対し、結びつくとは思わない48%だった。TPPの参加には、賛成50%に対し反対29%だった。外交と安全保障政策については、評価する49%に対して評価しないが29%であった。

◆景気、雇用や年金、医療を重視◆
  共同によると、投票先を判断する際に重視する課題を聞くと、@「景気や雇用など経済政策」が37.2%、A「年金や医療など社会保障制度」が24.5%と関心の6割を占めるが、B「原発再稼働」8.0%、C「消費増税」7.6%、D「改憲」7.0%は、関心が薄い。

  

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
参院選の世論調査:自民党の「1強」となりそうだ(No1642) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる