小沢判決を待つ消費増税法案の審議入り(No1461)

  民主党が消費増税法案の審議入りをしないのは、4月26日の小沢判決を待っているからで、判決による影響をできるだけ避けるためだという。

  小沢氏の政治資金管理団体である「陸山会」の裁判は、小沢氏の元秘書3人が起訴されているが、検察が不起訴にした小沢氏が検察審査会により、秘書の共犯として強制起訴されている。
  秘書3人の裁判はいずれも有罪となり控訴中であるが、小沢氏の裁判も結審し、4月26日に下りる判決が注目されている。

  小沢氏は裁判が終わるまで、民主党員の資格を停止されている。裁判の予想は、有罪と無罪が半々だといわれる。判決が有罪なら小沢氏の党員資格は停止されたままで小沢氏の影響力は低下するが、判決が無罪なら党員資格の停止は解除され、小沢氏の影響力が強くなる。当然、反対している消費増税法案の審議にも影響する。

  小沢グループの造反による党の分裂や野田首相による衆院解散が予想されるが、輿石執行部は法案を採決せずに継続審議に持ち込むことにより、このような事態を避けようというのが審議入りを遅らせている狙いだという。
  即ち首相が求めている月内の審議入りを5月の連休明けまで引き延ばすことにより、会期末の6月21日まで審議を引きずって法案が継続審議になるようにするというのである。

   
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 小沢判決を待つ消費増税法案の審議入り(No1461) 『永田町時評』NewsSUN/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 21:10