電力業界が労使一体の献金攻勢か=政治資金収支報告書より(No1427)

  東電福島第一原発事故を受け、電力業界と政治の密接な関係が改めて注目されているが、公開された2010年の政治資金収支報告書により、電力業界の政治献金の実態が明らかになった。電力各社とその労働組合が一体になって多額の政治献金を行なっている姿が浮き彫りになっている。
  
  共同通信の調べによると、電力各社の労働組合がつくる政治団体が、献金や会費、パーティー券購入により3483万円を民主党の国会議員や県連に政治献金している。国会議員で最多だったのは、10年の参院選を前にして支援を受けた東電労組出身の民主党参院議員の小林正夫氏で2650万円の寄付を受けた。他に当時の原子力行政を担当する文部科学相だった川端総務相のパーティー券を178万円、岡田前幹事長のパーティー券を26万円、大塚前厚生労働副大臣と伴野前外務副大臣のパーティー券を各24万円を購入している。渡辺防衛副大臣は30万円の寄付を受けている。

  東電労組の政治団体である「東電労組政治連盟」は全国の労組系政治団体のなかで最大の収入を誇るといわれ、国会議員の他にも、民主党を中心に福島、新潟、静岡の原発立地県のほか関東の6都県で県議や区議、市議などの地方議員に平均678万円、計1億800万円を寄付した。他に12都県支部に1億4000万円を支出し、支部j経由で地区の地方議員に寄付したケ-スもあるという。
  東電労組の収入である組合費と政治連盟の会費、計2億6000万円(10年分)は社員の給与から天引きされ、組合員でない管理職も賛助金を払っている。会費納入者は延べ65万人で役職により異なるが、社員一人当たり月平均約400円の計算になるという。

  一方、会社側である東京電力など電力9社は、政財界癒着の批判を受けて、1974年から「公益企業にそぐわない」として表向きは、それまで自民党に対して行なっていた政治献金を”自粛”という形をとったが、役員やOBの個人献金に切り替えたが、関連企業は従来どおり献金を続けていた。
  関連会社15社は自民党の政治資金団体である「国民政治協会」に計7119万円を寄付している。なかでも原発メーカーである東芝、日立製作所、三菱重工の3大メーカーは10年ぶんだけで3800万円を寄付しているが、過去3年で計2億4200万円を献金している。他に東電関連の「関電工」が1330万円、関西電力の「きんでん」が1300万円、中部電力の「トーエネック」が1000万円などだが、過去3年の献金額は計2億5945万円に上っている。

  一方、電力9社の役員やOBによる個人献金は3427万円だった。東電役員は25人が計379万円を個人献金した。福島第一原発事故で引責辞任した清水元社長が30万円、副社長級が20万円、常務級が10万円、他に管理職など約700人が献金しているが、過去3年で献金した額は1億1700万円に上る。総務部が執行役員以上に献金を呼びかけたという。
  
  労働交渉では対立する労組と会社が一体になって政界工作をしている図式である。電力各社は業界団体主催の朝食会を開いて国会議員と接触をはかり、献金の他に選挙協力や飲食接待でも歓心をかっているというが、電力会社のカネで金縛りになった国会議員に「脱原発」を進めることができるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 厳しき建設業界は民主党小沢一郎が原因!

    Excerpt: 東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入 東京電力が電力業界での重要度を査定し、自民、民主各党などで上位にランク付けしてパーティー券を購入していた計10人の国会議員が判明した。電力会社を所管す.. Weblog: 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・ racked: 2012-01-08 12:40
  • レイバン メガネ

    Excerpt: 電力業界が労使一体の献金攻勢か=政治資金収支報告書より(No1427) 『永田町時評』NewsSUN/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-06 04:10