『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題になった自衛隊の日報NO2016)

<<   作成日時 : 2017/08/10 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  稲田防衛相がPKO日報問題で引責辞任したが、問題は南スーダンのPKOに派遣された陸上自衛隊の日報が誰により何故隠されたかである。主犯は安倍首相の隠蔽体質である。

  隠された日報に書かれていたのは、昨年7月、南スーダンで起きた内戦の模様である。「宿営地5、6時方向で激しい銃撃戦」、「戦車や迫撃砲を使用した激しい戦闘」と、派遣部隊のすぐそばで政府軍と反政府軍が激しく対立した南スーダンの首都シュバの実情が生々しく記入されていた。

 だが、日報には「戦闘」の文字が何度も記されている。戦闘を認めたら、自衛隊を撤収せさせなければならなくなる。だから、日報を隠したのではないか。それにしても、誰が隠蔽を指示していたのか。これがはっきりしないまま幕を引かれてしまうと、問題がうやむやになれば、それこそ最大の隠蔽となる。
 安倍首相が隠蔽の真犯人ではないのか。

 昨年7月、日報の存在を突き止めたジャーナリストの布施祐さんから情報公開の請求があったのに対して、防衛省は「陸自内で廃棄済み」としたが、12月に統合幕僚監部で電子データーが見つかり、今年2月に問題の日報の内容を公表したが、防衛省・自衛隊の「組織的隠蔽」疑惑が浮上することになった。稲田防衛相の関与が取りざたされた。

 隠蔽工作は直接には、昨年7月、初めて日報の公開請求があった際、陸自内で派遣部隊の日報を受け取る陸自中央即応集団の副司令官が「公開は望ましくない」と判断して、部下に開示から外すよう指示した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題になった自衛隊の日報NO2016) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる