『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦問題の日韓合意はどうなるのか(No1979)

<<   作成日時 : 2016/03/10 15:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  韓国の従軍慰安婦問題をめぐり、日韓政府が解決へ向かって合意してから2カ月以上経ったが、韓国内では合意に反発する団体などの反対運動が収まる気配はなく韓国政府は苦慮している。

韓国政府はホームページに一問一答を掲載し合意への批判や疑問に答えている。外交省が元慰安婦18人を個別訪問して合意内容を説明している。うち14人は「決定に従う」と合意を肯定したが、4人は否定的だったという。元慰安婦の不満は、合意が彼女たちに相談もなく決められたことだという。
  
  韓国内では元慰安婦を支援する団体の反発が続いており、ソウルの日本大使館の前では、2カ月以上たっても、毎週水曜日、慰安婦問題を批判する集会が開かれている。元慰安婦の一人は集会で「公的な謝罪、法的な賠償を受けなければならない」と合意を批判した。

  しかし、元慰安婦たちは何れも高齢だ。韓国政府に登録された元慰安婦は238人いたが、亡くなり存命は44人だ。平均年齢は89.4歳と高齢であり、合意後にも2人亡くなり、解決は時間との闘いなのだ。彼女たちは合意に基づいて生きているうちに一定額が支給されることを望んでいる。
  
  だが、韓国政府は合意による設立することになっている財団はいつ出来るのか目途も立っていない。財団が発足すれば日本政府から10億円が拠出されるwことになっている。また、日本大使館前の少女像(慰安婦を象徴する像とされている)の撤去も行われていない。

  韓国政府が動かないのは4月に行われる総選挙を控え、慎重に構えているのではないかと言われている。いずれにしても、米国政府の後押しでまとまった公約であり、韓国政府が実行するのを日本政府は静観するしかないようだ

  


  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慰安婦問題の日韓合意はどうなるのか(No1979) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる