『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘利大臣の金銭疑惑(No1974)

<<   作成日時 : 2016/01/26 15:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  お粗末の一語に尽きる。安倍政権ではこれまでに「政治とカネ」で3閣僚が辞任しているが、またもや閣僚の金銭疑惑である。(1月28日午後700更新)


  20日発売の週刊誌が、安倍政権の重要閣僚の一人である甘利経済再生大臣の金銭疑惑を報道していたが、二十八日記者会見を開いた甘利氏は疑惑を認め、大臣を辞任したのである。

  週刊誌によると、千葉県の建設会社が国土省所管の「独立行政法人都市再生機構」との補償交渉をめぐり、甘利事務所に「口利き」依頼したという。
  このため建設会社では、甘利氏に二回にわたり現金50万円ずつ計100万円を直接手渡したという。また、甘利氏の公設秘書などに使った現金や飲食接待を含めると1200万に上がるという。

  週刊誌によると、甘利氏は現金の入った封筒を「ありがとう」と言って受け取ったという。しかし、甘利氏は国会における野党の追及に対して、建設会社の社長らと面談したことは認めたが、金銭の授受については「記憶に曖昧なところがある」としていたが、28日開いた記者会見で、週刊誌により甘利氏本人が直接受領したとされる封筒入りの現金については、受け取ったことを認め、大臣辞任を表明した。
  ただ、受け取った百万円は政治資金処理をしたるという。また、秘書が受け取った五百万円については三百万円を秘書が個人的に流用したことが判明し、関係した秘書二人を解雇したという。

  建設会社では、甘利氏との金銭授受の会話などを録音し、手渡した現金の札のナンバーを撮った写真を保持していたが、証拠として雑誌社へ提供したそうだ。
  これが事実であれば、政治規制法違反だけで済まず、甘利氏本人が「あっせん利得処罰法」違反を問われ、刑事事件に発展すると言われている。

  それにしても」7月の参院選挙を前にしての閣僚の金銭疑惑である。野党は格好の攻撃材料ができたと牙を磨いていたが、位週刊で標的の甘利氏に逃げられてしまい、すっかり当てが外れたようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘利大臣の金銭疑惑(No1974) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる