『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 山本太郎がイスラム国非難決議を退席した(No1891)

<<   作成日時 : 2015/02/07 01:12   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

  杜父魚文庫の古沢襄氏によると、イスラム教徒スンニ派の過激派組織といわれる「イスラム国」を、イスラム教徒は「イスラム国」とは言わないそうだ。
  理由はイスラム教と無縁のテロ集団だから、アラビア語では”ダーウィッシュ”と呼ぶか、単に”ISIS”と呼んでいるそうだ。安倍首相も国会で「ISIS」と呼んでいる。

  産経新聞によると、参院本会議でも衆院本会に続き、全会一致で、日本人の人質二人を殺害した「イスラム国」を非難する決議を採択したが、「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表の山本太郎参院議員が決議の採択に賛成しなかった。同党の主濱了、谷亮子両参院議員は賛成した。発議者には主濱氏も含め全11会派から議員が名を連ね、採決に参加した231人全員が賛成した。

  山本氏は事件当初から、安倍首相が「イスラム国」対策として周辺国へ支出すると表明した2億ドルの人道支援を中止することを安倍首相にツイッターで要求し、記者会見で人質事件を「安倍政権の外交政策の失敗だ」と述べていた。

  山本氏は本会議に出席したが、押しボタン式の採決前に退席した。退席理由を「事件の検証について決議に盛り込まれていないからだ」と述べている。

  米英の主導する「イスラム国」と戦う有志国連合には61カ国が参加し、「イスラム国」を空爆しているが、日本は非軍事の人道支援で参加している。「イスラム国」は安倍首相の2億ドルの人道支援を敵視して、同額の身代金2億ドルを要求した。しかし途中から身代金を撤回して人質交換へ方向転換したが、要求が不可能とみて人質を殺害した。

  国会では野党が、安部首相の行動が不用意だったのではないかと追及したが、非難決議には衆参とも全会派が足並みをそろえた。それにしても、異端児の山本氏は人質事件の最初から最後まで卒なく目立ったようだ。  

  なお、政府によると、人道支援の内訳は、シリアやイラクの紛争から周辺国に逃れた避難民に対する水、食料や仮設t住宅などに8割、残りは難民に対する教育、職業訓練などに充てられる。対象は6カ国でイラク9000万ドル、シリア3300万ドル、レバノン1820万ドル、トルコ1530万ドル、ヨルダン2800万ドル、エジプト400万ドル。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山本太郎がイスラム国非難決議を退席した(No1891) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる