『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田民主党は何を期待されているのか(No1886)

<<   作成日時 : 2015/01/20 00:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  まず岡田新代表を待ち受けるのは、26日召集の通常国会である。民主党を政権政党へ生まれ変わらせるのが、岡田民主党の最大の課題だが、「一強自民」に対抗して、どこまで安倍政権を追い込めるか。新代表の手腕が試される。

  安倍政権が提出する2015年度予算案や、集団的安全保障を行使するための関連法案に対して、岡田新代表は、安部政権の経済政策であるアベノミクスを「格差拡大」と批判し、憲法9条の改正に反対し、真っ向から集団的自衛権の行使を否定している。
  華の衆院予算委員会における首相との対決が、代表や重要閣僚を歴任した岡田新代表にとって、「安倍首相と堂々と論議して見せたい」という自負心を疼かせるそうだ。

  6月24日までの会期中に訪れるのが4月の統一地方選挙である。民主党の地方議員は民主党政権時代の10年をピークに減り続けている。退潮に歯止めをかけるのが、政権奪還への試金石になる。
  国会や統一を経て、次に岡田民主党が試されるのは来年夏の参院選である。民主党は過去2回の衆院選と前回参院選で大敗している。3年前の参院選では20議席を割る惨敗を喫した。
  次の改選は42議席である。これを激増して、「与野党逆転」と与党を過半数割れに追い込むのが狙いである。そのためには、野党共闘が必要だ。岡田代表は当面、野党再編を封印し、党の自主再建を優先しているが、先の衆院選のような半端な調整では役立たない。4年以内にある次期衆院選で政権を奪還するには、来年の参院選が天王山となる。

  右傾化した安倍自民党に対して、中道路線の岡田民主党が如何にして国民の心を掴むかが、岡田新代表の正念場である。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡田民主党は何を期待されているのか(No1886) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる