『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦後70年」を考える。安倍談話について(No1883)

<<   作成日時 : 2015/01/09 21:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

  今年8月の終戦記念日に合わせて発表される戦後70年の安倍首相談話が注目されています。首相は村山首相談話を継承するとしているが、中国や韓国、米国国務省も、そして天皇陛下も、戦後レジームからの脱却や憲法9条の改正を唱え、靖国神社を参拝した安倍首相に対して懐疑的なのです。

  これまでも、歴代首相が歴史認識や重要な政策を内外に示す場合に公式な政府見解として、「首相談話」が出されています。戦後50年の平成7年に当時の村山首相が、過去の植民地支配と侵略を痛切に反省する談話が発表され、戦後60年の平成17年には当時の小泉首相により、村山談話と同様な内容の談話が発表されています。この村山談話と小泉談話の内容は、平成4年に国交正常化20周年で訪中した陛下が中国国家主席晩餐会で述べられた過去の戦争の「深い反省」と日本の「平和国家としての歩み」が原点となっていたのです。

  戦後70年を迎えた安倍首相は、新年の年頭ので記者会見した安倍首相は、「安倍内閣としては、村山談話を含め歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる。そして引き継いでいく」と村山談話を継承する考えを改めて明らかにしています。
  このため、菅官房長官は6日の記者会見で、「日本がどのような国になっていくのか。英知を結集して考えたい」として有識者会議で内容を検討する考えを示しています。

  しかし中国と韓国は改めて安倍首相が村山談話を継承することを求めていますが、中韓と問題を起こしたくないオバマ政権は国務省のサキ報道官が5日の記者会見で、「これまでに村山元首相や河野元官房長官が示した謝罪が近隣諸国との関係を改善するための重要な区切りだったというのが我々の見解だ」と村山談話の継承に念を押したのです。もっとも6日の会見で記者団から「日本政府への一種の弾圧に見のえる」と指摘されたサキ報道官は「安倍首相の発言は歴史問題と戦後日本の平和への貢献に前向きなメッセージを含んでおり歓迎する」と一応、前日の発言を軌道修正したが。

  中国の習近平国家主席は「抗日戦争勝利70周年」と銘打って大々的にキャンペーンを展開する構えで、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵大統領に記念行事の共催を提案。戦勝国共闘の「大国外交」を誇示するとともに、歴史問題で安倍政権を牽制するのが狙いだと見られています。
  中国では9月3日を「抗日戦勝記念日」と制定。大々的な記念式典を開催するが、それに向けた旧日本軍の残虐性が宣伝され、歴史問題で不信を抱く安倍首相への批判が高まることは必至、日中関係への影響が懸念されているのです。それにしても、陛下が今年の年頭所感であえて満州事変に触れたのは安部談話を心配しているからだと思われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
反ファシズム戦争の50周年、60周年は何もせず、なぜ70周年なの?覇権主義をはじめ米国と世界を二分し、アジアを仕切り、太平洋を米国と二分しようぜ!それが中国の夢だ。これは、とても危うい事だ。中国の台頭を押さえないと、世界の秩序が台無しになり国際関係が希薄になり崩壊し、結果、日本国民を不幸に陥れる。終戦記念日を政治的に散々利用し日本を力で脅す最低な中国、「犬にも劣る醜悪な人間のくず国家」だ。それを踏まえた上で、日本の最大の武器は国民の一致団結であることを改めて呼びかけたい。クズ国家に付き合うのは無駄だ。
名無しの権兵衛
2015/01/11 10:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
「戦後70年」を考える。安倍談話について(No1883) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる