『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄バッシングを続ける安倍政権(No1882)

<<   作成日時 : 2015/01/09 13:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  安倍政権は米軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する翁長沖縄県知事への「見せしめ」として沖縄振興予算を大幅に減額するようだ。自民党も8日開いた沖縄振興調査会に上京中の翁長知事を招かずボイコットしたが、安倍政権に逆らうものへのアメとムチの威力を見せつけているようだ。

  普天間基地の移設をめぐり賛成派と反対派が対立している沖縄では、昨年11月の知事選で賛成派の現職の仲井真知事を破って反対派の翁長氏が当選した。12月の衆院選でも賛成派の自民党は小選挙区でことごとく敗れ、非自民が当選した。
  選挙後、翁長新知事が昨年末に上京して、安倍首相と沖縄基地問題担当の菅官房長官や中谷防衛相との面会を求めたが、いずれにも会うことができなかった。

  1月になり、政府の予算案の概算要求査定が始まるため、米軍基地が集中する沖縄に交付されている沖縄振興予算獲得のため、翁長知事が上京した。仲井真前知事時代の昨年度は概算要求を上回る3508億円を獲得した。今年度は3794億年が計上されたが、安倍政権に逆らう翁長県政になったため、一転して、前年度より300億円減額の3100億円前後にするようだ。自民党関係者は「前知事と政府の対応が異なるところを見せる必要がある」としており、大幅減額が、翁長新知事への「見せしめ」であることを認めている。それにしても、逆らうものには情け容赦なくムチを振るう安倍政権の正体を見せつけている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄バッシングを続ける安倍政権(No1882) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる