『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 右翼政党「次世代の党」が壊滅した。(No1875)

<<   作成日時 : 2014/12/20 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

  今回の衆院選は野党が大敗北して、一層「自民の一強」を強める結果となったが、かねて極右政党と言われていた「次世代の党」が壊滅的敗北を喫した。

  今年8月、日本維新の会の分党により、元東京都知事の石原慎太郎らを中心に、「自民党より右」と言われる「次世代の党」が結成された。共産党の機関紙「赤旗」から「日本版ネオナチ」と攻撃されていた。

  その次世代の党は小選挙区39人、比例区単独9人の計48人を擁立したが、当選したのは、わずかに党首の平沼赳夫と党顧問の園田博之の2人だけ。比例区はゼロ。最高顧問の石原慎太郎をはじめ46人が落選した。今年2月の東京都知事選で60万票余を集めた田母神俊雄は4万票にも届かず、公明党候補に敗れたが、共産や生活の後塵を拝した他、西村真悟や山田宏、中田博など過激な右翼弁士が全滅した。有効投票数の10分の1未満で供託金300万円を没収された候補者が24人に達した。

  第3極にカゼは吹かなかったが、とりわけ次世代の党は「一人負け」したと言われている。政治評論家によると、「党名に反して石原はじめ幹部たちが新鮮味がない。政策も自主憲法や集団的自衛権など自民党に近い。選ぶのであれば弱小よりも実力のある自民党に入れるのが当然だ」と言うことになる。

  最高顧問の石原慎太郎が欧州など海外で「極右政治家」と言われ、分裂の際も維新のなかの右派系の多くが次世代の党に流れた。政策も「生活保護から日本人以外は排除」など排他主義的なものを掲げ、余りに過激なために、国民から「ノー」を突き付けられたと見られている。

  それにしても、安倍内閣の閣僚の中にも極右団体やネオナチ団体の幹部とのツーショット写真が問題視された閣僚もいるが、第3次安倍内閣の組閣に当たり、次世代に対して示された国民の政治感覚が反映されるか注目されるところだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
サミット提唱園田直事務所せんめつの舞台関西汽船オーナー重役お膝元岡山1区‥ボスニア和平に豪州観光地クレイのソフトウェア屋ら三十何人か射殺のノルマンコンケスト以前からの王クラスメイトの縁

ハー検黒い津を台座に刻んだ般若心経瞑想法DVD本作者らによるサイパン手巳安法要参拝の石原慎太郎さん一派は虚しく散った。
巳蛙
2014/12/22 09:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
右翼政党「次世代の党」が壊滅した。(No1875) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる