『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS これが真相だ!朝日新聞の「慰安婦誤報」事件を考える(No1840)

<<   作成日時 : 2014/08/07 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

◆朝日新聞の権威は地に落ちた◆ 
  朝日新聞が32年前の従軍慰安婦の記事を「誤報」として取り消したことが騒ぎになっている。朝日新聞の過去の慰安婦キャンペンの原点が消えてしまったからだ。日韓関係を構築した「河野談話」、「村山談話」も見直されることになるだろう.。朝日新聞は詐欺師に騙されたが、32年間も隠し通したため、計り知れない損害が生じている。日頃煙たい朝日新聞に対して政治家は「廃刊しろ」、「国会招致する」と姦しいがこれには反対する。
◆朝日を騙した詐欺師がいた◆
  朝日はキャンペンを得意とする。虎視眈々と獲物を探している。ターゲットになった吉田清治氏(故人)は、自
著で「日雇い労働者らを統制する山口県労務報国会下関支部の動員部長をしていた」と語っている。彼は「日本の植民地だった朝鮮で戦時中、慰安婦にするため女性を暴力を使って無理やり連れ出した」と著書や集会で証言し講演していたという。その吉田氏が朝日新聞を騙した詐欺師だったのだ。
◆32年前の慰安婦誤報記事である◆
  1982年9月2日の大阪本社版朝刊社会面に載った「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」という記事は、大阪市内で講演した吉田氏を報道した最初の記事だった。、当時、講演を取材した朝日新聞大阪本社の社会部記者(66)は「講演で話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった」という。記者が未熟なのか吉田が天才なのか。騙されたのは吉田氏を16回も記事にした朝日新聞である。
◆産経新聞が一石を投じた◆
   10年後、1992年4月30日の産経新聞朝刊が、日本現代史の専門家で大学教授を歴任した秦郁彦氏の済州島調査に基づき、吉田証言に疑問を投げつけたのである。産経記事の直後、朝日新聞東京本社社会部が吉田氏と接触、吉田証言を裏付ける関係者の紹介やデーターの提出を求めたが拒否されたという。この時点で吉田氏に不審を抱くべきだった。独自に調査すべきであった。
◆「河野談話」 「村山談話」◆
  この時期、重大事が進行していた。91年8月、韓国で元慰安婦が初めて名乗り出た。12月、元慰安婦が日本政府を提訴した。92年1月、宮沢首相が日韓首脳会談で慰安婦問題を謝罪した。7月、政府が調査結果を発表し、慰安婦問題について政府の関与を認めた。93年8月、河野洋平官房長官が慰安婦の強制性などを認める談話(河野談話)を発表した。94年8月、村山首相が慰安婦問題の解決策(村山談話)を表明した。95年7月、政府主導で元慰安婦に「償い金」を支給する民間のアジア女性基金が創設された。
◆吉田証言の「ウソ」がばれていたら◆
  吉田のウソが判っていたら、これらの展開が違っていたかもしれない。朝日の責任は大きい。97年3月31日の特集記事の取材で、東京本社社会部が吉田氏との面会を拒否されているのに、吉田証言の「真偽は確認できない」と書いたに止めた。しかしこの時点で朝日には「ウソ」がわかっていたはずだ。朝日は吉田証言の重大性を理解しなかった。
◆朝日新聞の告白は遅すぎた◆
  慰安婦問題が政治問題化する中で、安倍政権により河野談話の作成過程が検証され、報告書が発表された。「慰安婦問題は朝日新聞の捏造だ」という批判の声が挙がった。これに対し読者から朝日新聞に「本当か」 「なぜ反論しないのか」という声が寄せられたという。朝日新聞は検証の結果として初めて「ウソ」が明らかになったとした。
  だが本当は、河野談話が検証される課程で、吉田証言の「ウソ」を隠している朝日新聞の「ウソ」がばれたので、追い詰められて告白したのではないか。それにしても残念なことだ。切腹は自分でするものだ。責任の取り方を考えることだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが真相だ!朝日新聞の「慰安婦誤報」事件を考える(No1840) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる