『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 内閣改造の最大の目的は石破氏の幹事長外しだ(No1836)

<<   作成日時 : 2014/07/30 15:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

  安倍首相が9月第1週に第2次安倍内閣発足後初の内閣改造と自民党役員人事を行うことが明らかになった。菅官房長官が28日開かれた政府与党協議会で秋の臨時国会前に内閣改造を行う方針を与党公明党に伝えたからだが、すでに安倍首相から石破幹事長へ入閣の打診があったと言われている。

  通常国会後に内閣改造が行われることは、マスコミにも報道されていたが、秋の臨時国会を新閣僚で臨むことを決意したようだ。何せ、一人の閣僚も交代しないのは、佐藤内閣の425日の記録を大きくオーバーして、12年12月26日の発足以来、7月末で583日(1年7ヶ月)と、戦後最長記録を更新中であるが、そのせいで、党内には、野党時代の3年間も含めて5年近くも我慢してきた衆院5期、参院3期以上のいわゆる「入閣適齢期」が約60人もいるである。

  甘利経済再生相は「党内に人事の停滞に対する不満が鬱積している」というが、党内の不満分子の圧力は破裂寸前だと言われる。もっともこの無言の圧力には誰も抗すべくもないようで、かって「一内閣一閣僚」を掲げた小泉首相でさえ、3次内閣の5年半に1年5ヵ月から11カ月の間隔で改造を4回行っているからだ。

  ただ安倍首相の改造の目的は、来年9月の自民党総裁選をクリアして安倍氏の長期政権を固めることだ。そのために目障りなのが、2年前の総裁選で地方党員票で安倍氏を上回った石破幹事長の存在である。しかも、幹事長というポストは党の資金と選挙の公認権を握る党内掌握の最強のポストである。だから幹事長ポストから石破氏を外すのが焦点になる。むしろ改造の最大の目的だと言えるだろう。

  安倍政権でjは集団的自衛権の行使に伴う法整備を進めており、来年1月からの通常国会で関連法案の審議を行うが、改造内閣で安保法制担当相を新設する。そのポストに安保政策の専門家を自認する石破氏を起用するというのである。メディアによると、既に24日に安倍首相っと2人で会った際に打診があったと言われている。安倍周辺では「安保は石破氏のライフワークだから自負心もあるだろう」と話している。

  しかし石破氏は29日の記者会見で、「私が総理と話したことを他に話すべきだとは思っていない。打診があったとか、私は一度も口にしたことはない」と言いてることが分からないが、石破氏は周辺には「来年の統一地方選挙に向けてやってきたことを途中で投げ出すわけにはいかない」と漏らしているそうだ。ポスト安倍を狙う絶好の位置から離れるつもりはないということだが、引退しても旧竹下派に力のある青木幹夫氏が石破氏のバックについているそうだ。
  ただ首相が石破氏を無役にすると、今後、安倍政権の支持率が落ち続けた場合、石破氏が党内の不満分子の受け皿になり、首相への脅威となる可能性があるとも言われているから、なんとか閣内に閉じ込めるしかないようだ。

  他に女性議員の閣僚への登用も課題となるようだ。首相は成長戦略で「指導的地位の3割以上を女性に」と掲げているが、これを実施するなら18閣僚のうち6閣僚は女性議員となりそうだ。
  集団的自衛権以来下がった内閣支持率の反転も狙いだが、これまで歴代内閣の実績から占うと、上昇したのは小泉内閣ぐらいなもので、福田内閣、菅内閣、野田内閣は横ばいだったが、橋本内閣は降下した。

   

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内閣改造の最大の目的は石破氏の幹事長外しだ(No1836) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる