『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本も南シナ海で中国と戦うベトナムやフィリピンと共同戦線を張れ(No1799)

<<   作成日時 : 2014/05/14 07:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

  それにしても、南シナ海で中国と戦うベトナムやフィリピンから日本に対して、集団的自衛権行使を要請されたら、安倍政権はどうするのか。沖縄の尖閣諸島をめぐり中国と戦う日本もベトナムやフィリピンと共同戦線を張る勇気を出すべきだ。強い犬の前で尻尾を巻いて逃げるような卑怯なことはするな。強い犬と戦うにはもっと強くならないといけないのである。

  2010年の沖縄県の尖閣諸島沖を警戒中の海上保安庁の巡視艇に対して、島の領有権を主張する中国の漁船が体当たりした事件は、南シナ海で中国監視船がベトナムの警備艇に体当たりした事件とそっくりだ。
  ただ、その時の政府の対応がまるっきり違った。菅民主党政権は中国政府に遠慮して逮捕した中国漁船の船長を釈放し、衝突事件を闇に葬ろうとしたが、これに憤慨して国民の知る権利を主張したた保安庁職員が衝突ビデオをネットに公開して中国の非を世界に糺した。以来、日本の弱腰を付け込んだ中国側が尖閣の領有権を主張して周辺の領海を侵犯し、防空空識別圏まで主張する有様だ。あの時、日本政府が衝突事件を公開して世界に中国の非を訴えていたら、状況は変わっていたと言われている。

  日本政府の弱腰と対照や的こ中国と戦っているのがベトナムだ。べトナム政府は南シナ海の西沙諸島沖で、中国海警局の艦船がベトナム沿岸警備隊の艦船を追廻し、後尾側面に衝突してくる様子や負傷して手当を受ける乗組員の様子、大きな衝突音、破壊されたベトナム艦船の様子などのビデオ映像を外国報道機関に配布して、体当たりはベトナムの船の方だという中国側の反論に対抗して、中国の非を証拠を示して国際社会にアピールしたのである。
  過去における日本の失敗を勉強したのかもしれないが、ASEAN(東南アジア諸国連合)が会議を開き、中国に自制を求めた首脳宣言となったのである。これで引下がる中国ではない。「二国間の問題でアセアンの問題ではない」と言って反省の色も見せていないが、普段はデモが禁止されている共産党支配のベトナム国内で数千人規模の反中国デモが各地で起きているほか、ベトナムの高級レストランで中国人排斥運動が起き、反中怒りは人民に広がっている。

  ベトナムの反中国に勢いづいたか。フィリピンでも南シナ海の南沙諸島付近で保護されているウミガメを違法に捕獲したとして逮捕していた中国漁船の乗組員9人を起訴したという。kフィリピン海洋警察が6日、違法操業中の中国漁船を拿捕し、乗組員11人を逮捕したが、中国側は「中国領」を主張して釈放を要求していたが、フィリピン司法東京は、未成年者を除く9人を起訴したものだ。

  米国のオバマ大統領のアジア歴訪で、日本や韓国やフィリピンで示された米国のアジア防衛の意思表示が早速にも効果を発揮したのではあるまいか。それにしても、中国に対する日本の毅然たる態度が注目されている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
剛体球近似の気体運動論は、
衝突1個の場合、高校の物理にあった昔流受験戦争‥
2つの場合かくかくしかじか‥
3つの場合、有効数字3桁でガウス分布近似OK‥
数学的帰納法により、自動操舵も3艘目以降はレーレー分布の波扱いで灘潮グリーンビル愛宕は民間船撃沈を欠陥設計としない丘の司法/日米海軍
ものすごいリスクマネジメント
多体問題より
2014/05/15 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本も南シナ海で中国と戦うベトナムやフィリピンと共同戦線を張れ(No1799) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる