『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラエルへ集団的自衛権行使も(No1798)

<<   作成日時 : 2014/05/13 09:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

  イスラエルのネタニヤフ首相が来日し、安倍首相と首脳会談が行われた。両国の防衛当局の交流を拡大するなど安全保障分野の強化で合意したそうだが、将来的にイスラエルから集団的自衛権の行使を求められる可能性もあるのではないのかと言われている。

  昨年から招待していたネタニヤフ首相の来日が実現した訳ですが、、難しいタイミングのようです。イスラエルとパレスチナの平和交渉が決裂し、中断している。また、イランの核兵器開発を危険視して、イランの核施設に対し軍事攻撃の準備を進めていると言われているからです。

  ネタニヤフ氏の来日目的は、日本との経済関係強化が目的だと言われているが、12日に行われた首脳会談では、安倍首相が早く交渉を再開することがイスラエルとパレスチナの利益だと指摘し、双方の共存を目指した「二国家解決」に日本も積極的な役割を果たして行く考えを伝えたが、共同声明では、今回の会談を、安全保障に関する初の首脳級対話と位置づけ、サイバー攻撃へ対処する、防衛当局の交流を拡大し、国家保障会議(NSC)の情報を交換することなどを発表した。

  会談後の共同記者会見で、安倍、ネタヤニフ両首相は、「両国の防衛分野での協力で合意した」ことと、「両国のパートナーシップ強化」を強調した。中東和平交渉が先月末に中断して以降、ネタヤニフ氏が外国を訪れ、首脳会談したのは初めてだ。
  懸念されるのは、この先、イスラエルがパレスチナやイランと軍事衝突することがあれば、集団的自衛権の行使を求められて、日本が戦争に参加するようなことにはならないかということである。
  積極的平和主義で世界に雄飛する日本の姿を描く安倍首相が、集団的自衛権行使を容認されるとき、日本は、「平和のための戦争」を名目にした、戦争に巻き込まれることが心配されるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスラエルへ集団的自衛権行使も(No1798) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる