『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなの党の渡辺氏に8億円の金銭疑惑が発覚、議員辞職か?(No1776)

<<   作成日時 : 2014/03/30 18:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  みんなの党の渡辺嘉美代表の金銭疑惑が浮上している。4年前の参院選と2年前の衆院選の直前に、支援者の会社経営者から計8億円を借り入れたが、5億円以上返済していないという。借入金が選挙運動の収支報告書や政治資金収支報告書に記載されていないため、市民団体から、公選法違反や政治資金規制法違反で東京地検特捜部へ告発されている。それにしても、猪瀬前知事に続き、またもや「政治とカネ」の疑惑だが、この際、政治家について疑わしきは、辞職してもらったらどうか。

<スポンサーが告発>
  疑惑が発覚したのは、渡辺氏のスポンサーによる告発だった。8億円を貸した化粧品会社DHCの吉田嘉明会長の告発手記を掲載した3月26日発売の「週刊新潮」4月3日号により明らかにされた。
  吉田氏によると、@2010年の参院選前に訪ねてきた渡辺氏から「3億円ほど」の貸し付けを求められ、3億円を渡辺氏の個人名義の口座に入金した。後日、借用書が渡辺氏から届いた。金利年0・5%とし、2011年末までに5回に分けて返済する内容だった。
  A2012年の衆院選前にも、借金を申し込まれた。当初100人以上出馬させるので、「20億円ほど」だったが、その後、維新の会との連携が挫折し、「5億円ですむことになった」と伝えてきた。5億円を渡辺氏の同じ講座に入金した。借用書はこれまで届いていないが、利息や担保、返済方法などを渡辺氏とは決めていないという。
  B渡辺氏による返済は、これまで10回にわたり、8億円のうち2億5013万8628円を返済し、貸付は5億4986万1372円残っている。吉田氏の詳細によると、最初の3億円について、12年8月まで6回にわり、計2億4666万1506円返済しているが、12年11月に5億円借入れしてからは、14年2月7日まで4回にわたり、346万4794円を返済しただけ。渡辺氏は5億円については金利だけを支払っていると説明している。

<公選法、資金規正法違反か>
  これまで他党の「政治とカネ」を追求してきた渡辺氏自身に「政治とカネ」の疑惑が生じたのだが、問題は8億円の巨額な借入金が、選挙運動費用収支報告書にも、政治資金収支報告書にも記載されてないことだ。
  渡辺氏は「カネを何に使ったかは様々あるので、一言では言えるわけではない」と述べ、「借入は個人的に借りた。選挙目的ではない。使い道は私の判断で決めた」とコメントしている。だが、吉田氏から借り入れた様子や時期から、選挙費用として借りたと見られている。吉田氏も「選挙以外に3億円を貸したりしますか」と述べ、選挙資金と認識している。
  しかし選挙費用として借りた場合、公職選挙法違反に問われる可能性がある。贈与と看做されると脱税の可能性も浮上する。寄付とみなすと寄付額の制限を超えるから、政治資金規正法違反に問われる可能性がある。八方塞がりだが、東京の市民団体が公選法違反や政治資金規正法違反容疑で、東京地検特捜部に渡辺氏を告発したと言われている。

<結いの党を巡る確執>
  吉田氏は化粧品や健康食品販売の大手を経営し、06年の高額納税者番付の6位になった。渡辺氏とは、09年に共通の知人を通じて知り合った。「日本ダメにしているのは官僚」という信条の吉田氏と官僚機構の改革を訴え自民党を離党した渡辺氏が意気投合。家族ぐるみの付き合いが始まったと言われている。以来、渡辺氏のスポンサーとなり、09年〜12年にみんなの党や渡辺氏の資金管理団体に対して、年間の献金額の制限いっぱいの支援に応じ、計6900万円を寄付している。
  それにしても、なぜ、吉田氏が渡辺氏を告発したのか。吉田氏はその理由について、「みんなの党から分裂し脱官僚を掲げている結いの党に参院予算委員会のポストを渡そうとしない渡辺氏に耐えられなかった。カネを返してもらいたいとは全く思っていない」と述べている。
  一方、渡辺氏は吉田氏との経緯について、「みんなの党の国会運営について吉田会長より何度もメールを頂いておりましたが、我が党の方針とは相容れなず、お断り申し上げました。私の政治理念に反することは、たとえお金を融通して頂いた方でも承服はできませんでした」と述べている。

<ワンマン批判も>
  騒動の発端は、みんなの党から分裂した「結いの党」をめぐる確執が理由のようだ。みんなの党は09年に渡辺氏と江田憲司氏が中心となり5人で旗揚げしたが、12年の衆院選と昨年の参院選で勢力を伸ばし、自民、民主、維新に次ぐ36人の国会議員を擁する政党になった。だが、結党当時から、党に1億円以上の資金を出して「オレが作ったオレの党」と思っているワンマンの渡辺氏と、東大、ハーバード出の秀才、橋本首相首席秘書官を務めた江田氏が合うはずがなかった。
  野党再編をめぐる、慎重な渡辺代表と積極的な江田憲司幹事長の対立から、昨年12月、江田派15人が離党して、「結いの党」を結成したが、渡辺氏は比例代表選出の衆参議員13人の離党を認めなかった。このため結いの党の本会議の代表質問や予算委員会の質問ができない状態を見かねた吉田氏が、渡辺氏に結いの党の離党を認めるように説得したが、渡辺氏は断ったことから、今回の騒動が始まったと見られている。

<辞任もできず>
  それにしても、渡辺氏の疑惑は、みんなの党の浮沈存亡にかかわることだ。渡辺氏に対しては「議員辞職すべきだ」との世論もあるが、渡辺氏一人で仕切ってきただけに、代表辞任もできないようだ。みんなの党では「代表を信じて行くしかない」としているが、今後の対応としては、党倫理委員長で弁護士の三谷英弘衆院議員の元手で公選法や政治資金規正法に抵触するか調べることになったようだ。

  渡辺氏は記者団の質問に次のように答えている。@違法性の認識は全く持っていない。私はあくまで渡辺個人が支援してもらったと理解している。A使途は政治家として生きていく上で必要なもろもろの費用に使った。交際費や旅費など政治資金に使うにはふさわしくない支出に使った。私の裁量で使い、手元には残っていない。B代表辞任の考えはない。きちんと説明するのが、私の責任を全うすることだ。C3億円の借りは5千万円強残っている。5億円の借りは金利だけ払っている。お金はある時に返せばいいとの吉田氏の言葉に甘えた。頂いたという「認識はない。3億円と同じ金利(0.5%)を5億円にも準用している。D通帳を三谷氏に渡し、調べてもらうことになった。通帳を公開するつもりはない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんなの党の渡辺氏に8億円の金銭疑惑が発覚、議員辞職か?(No1776) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる