『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 猪瀬都知事が徳洲会の5千万円で引責辞職へ(No1731)

<<   作成日時 : 2013/12/19 15:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取った問題で、都議会から追及を受けていた猪瀬都知事は、やっと辞職を決意し、19日午前、吉野都議会議長に辞職願を提出した。その後、緊急記者会見で、「5千万円の疑惑を払拭することができず、これ以上都政を停滞させるわけにいかない」として辞職を表明したのである。

  石原都政で08年から副知事を務めた猪瀬氏は、途中辞任した前任の石原慎太郎知事の後継者として、昨年12月の都知事選に出馬、史上最多の433万票を獲得して、昨年12月18日に都知事に就任したが、わづか1年の任期途中に辞任に追い込まれることになった。それにしても、恐ろしきはカネである。政治家にとって、もろ刃の剣となる。

  猪瀬氏はこの数日間、石原前知事や都知事選で選対本部長を務めた日本サッカー協会の川淵三郎氏に進退を相談していたが、両氏から辞職を勧められたと見られる。
  都議会は猪瀬氏のくるくる変わる発言に批判が噴出して、地方自治法100条による強制調査力のある「百条委員会」の接設置を決めていた。証人の出頭拒否や虚偽の証言には罰則が科せられるが、20日にも第一回の委員会を開く方向で調整中であった。

  また都心に東京電力が所有する病院の問題が決め手になったと言われている。徳洲会が同病院の買収に意欲を示していたが、徳田虎雄前理事長が昨年11月6日に都知事選出馬の挨拶に訪れた猪瀬氏にその話をしていたことが分かったからだ。東京都が東電の大株主であるため、徳洲会と東電病院との関係を都議会で追及されたが、猪瀬氏は虎雄氏発言を否定していた。東京地検特捜部が「事前収賄」の疑いで内定を進めていると言われている。
  以上のような状況で追い詰めれては、猪瀬氏には辞職以外になかったのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猪瀬都知事が徳洲会の5千万円で引責辞職へ(No1731) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる