『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳洲会から寄付を受けた国会議員94人(N01723)

<<   作成日時 : 2013/12/01 15:52   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

  それにしても、医療法人「徳洲会」グループのカネが、猪瀬東京都知事だけでなく、自民党の国会議員にも広くバラ撒かれていた。総務省が29日に公表した、2012年分の政治資金収支報告書によると、公選法i違反事件で摘発された徳田毅衆院議員の資金管理団体から寄付を受けた国会議員が、少なくも90人、うち7人は現職閣僚、他に元国会議員4人、うち91人は自民党所属、寄付総額が430万円に及ぶことが判明した。

石破幹事長にも12万円、7閣僚にも 
  徳田議員からは国会議員の資金管理団体などに「会費」名目で寄付されていた。最も多額だったのは、自民党の松本洋平衆院議員の60万円、次に自民党の丹羽秀樹、薗浦健太郎両衆院議員の各50万円、石破茂幹事長にも12万円が寄付されていたが、他に10万円以上は、20万円が国場幸之助、大塚高司、12万円が石破氏と赤沢亮正、10万円が松本文明、盛山正仁、阿部俊子、武井俊輔の各衆院議員。現職閣僚も田村厚生労働相、林農水相、新藤総務相、甘利経済再生相、根本復興相、稲田行革相、森内閣特命相に2万円ずつ支払われていた。

徳田議員のパーティー券収入1億3千万円  
  国会議員に寄付金をばら撒いた徳田毅議員の資金管理団体の収入は1億3829万円、うち1億3391万円は、昨年10月に開いた資金パーティーで集めていた。公表義務のある20万円超えのパーティー券購入企業34社のうち徳洲会グループ企業が13社、残り21社も徳洲会に出入りの医薬品販売など医療関連企業や葬儀社が占めていた。寄付者やパーテイー券購入者が判明した3972万円のうち55%が親族やグループ企業だった。
  2012年の政治資金収支う報告のうち、パーティー券収入の総額が1億円以上の政治団体は5団体だが、徳田議員の1億3391万円が2位だった。1位が小沢一郎衆院議員の率いる「国民の生活が第一」の結党パーティーで集めた1億7326万円だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徳洲会から寄付を受けた国会議員94人(N01723) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる