『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 猪瀬は都議会で平謝り、続投を表明(No1722)

<<   作成日時 : 2013/11/29 19:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  昨年12月の東京都知事選前に、医療グループ「徳洲会」から現金5000万円の提供を受けたかどで渦中の人の猪瀬直樹知事は、29日に開会した都議会の定例会で事件について説明した。しかし全く弁解の余地なく、ひたすら謝罪するだけだった。

謝罪と続投を表明
  定例会初日の29日、猪瀬知事の所信表明が注目された。冒頭、伊豆大島の土砂災害被災者らへのお見舞いを」述べた後、問題の5000万円について述べた。借金した理由について、「自分の先の生活に対する不安があり、個人として借り入れた。手を付けず、全額返済いたしました」と説明した。
  返済が遅れたこと、無利子、無担保で借りたことについて、「その軽率さに批判を頂くのは当然で、深く反省しています。不徳の致すところ、痛恨の極み、深くお詫び申し上げます」とひたすら謝罪した。
  徳洲会グループに対して見返リに便宜を図ったことは否定した上で、「一日も早い信頼回復に向け、都民、国民、東京、日本のため、粉骨砕身努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます」と続投する考えを表明した。釈明に終始した異例の所信表明となった。議場からヤジが飛んだ。
  本会議場の傍聴席には、開会前から都民ら約80人が詰めかけていた。猪瀬知事の説明と陳謝を「納得いかない」という人が多かったという。

都議会が知事と距離を  
  都議会では来週、代表質問と一般質問が行われる。各会派は猪瀬知事の5000万円問題を追及する構えだ。猪瀬知事と距離を置き始めているようだ。都議会の6割以上議席を占める自民、公明両党の動向が注目される。最大会派の自民党は、来月2日に開く資金集めパーティーに知事の招待を急遽撤回した。22日の行われた民主党のパーティーも知事が急遽欠席して副知事が挨拶を代読している。

知事の進退は
  それにしても、猪瀬知事の進退はどうなるのか。知事は続投の構えだ。事件として立件されるようだと辞任しなければならない。事件とされなくとも道義責任をとるべきではないか。権威失墜した知事が地位に止まることが許されるだろうか。東京五輪を控え国際的にも問題がある。

都の規則は借金も懲戒
  猪瀬知事は徳洲会から受け取った5000万円を「個人的な借金」と抗弁している。しかし東京都の規則では利害関係者からの借金は禁じられている。都の「懲戒処分の指針」は、職務に利害関係のある者から利益や便益の供給を受けた場合には、免職、停職、減給、戒告の懲戒処分が定められており、主税局主事が都発注の電気工事を請け負った業者から99万円を借り、懲戒免職処分になった。福祉施設の関係者に50万円の借金を申し込んだ主事が停職3ヶ月の処分を受けた。
  5000万円借りた猪瀬氏は処分されないのか。都内の徳洲会の施設には都から7億5千万円の補助金が出されているが、その時、猪瀬氏は副知事だった。医療保健施設の許認可権は都が握っている。補助金も出せる。特別職の副知事は一般職員ではないからいいのか。それはおかしなことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猪瀬は都議会で平謝り、続投を表明(No1722) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる