『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 与野党が「違憲状態」を協議(No1721)

<<   作成日時 : 2013/11/28 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  「一票の不平等」を「違憲状態」とした最高裁判決について、28日、与野党の幹事長・書記長が協議した。近く全党による実務者協議を開くことになったが、各党の主張の隔たりが大きいようだ。。

  自民、公明、民主の三党は、現行の小選挙区比例代表並立制を維持し、定数削減を行うことで合意している。維新の会、みんなの党、生活の党の3党は基本的に賛成だ。共産党と社民党定数削減に反対している。
  定数削減も各党の主張が異なり、みんな180減、維新144減、民主と生活の2党は各80減、自民と公明の両党35減、新党改革240減。自公は比例代表だけの削減、民主、維新などは比例都選挙区両方の削減。

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
与野党が「違憲状態」を協議(No1721) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる