『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党の参院幹事長が有権者を「アホ」呼ばわり(No1691)

<<   作成日時 : 2013/09/19 18:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

  自民党の国会議員が有権者を侮辱している。自民党の脇雅史参院幹事長が有権者を「アホ」呼ばわりしたのだが、昨年の衆院選と夏の参院選で勝ちすぎた自民党の国会議員が天狗になっているようだ。

  各紙の報道によると、18日に都内で開かれた自民党女性議員のパーティーで挨拶yした脇氏が選挙制度改革に触れ、「今の制度は未熟だが、政党が正しく候補者を選べば、あまり大きな声ではいえないが、選ぶ人がアホでも選ばれる人は立派だ」と述べたのである。
  
  脇氏は幹事長として、政党の候補者選びの重要性を指摘したのだが、何を勘違いしたのか、有権者を「アホ」呼ばわりするとは、それこそ「アホ」な発言をしたのだ。パーティーには安倍総理や石破幹事長らも出席していた。朝日新聞によると、脇氏は記者団に「発言を撤回するつもりはない」と語ったそうだ。

  脇氏は建設省出身で1998年に自民党から参院比例区に出馬し、初当選。2010年の参院選で3選した。建設族として橋本派から額賀派と自民党の主流派に所属し、参院国対委員長から今年7月、参院幹事長に就任した。選挙では全国建設業協会の支援を受け、比例区の上位当選している。

  昨年の衆院選と夏の参院選に連勝した自民党では、派閥が復活し、早速、参院議員会長選挙で派閥争いを演じている。一昔前の自民党に逆戻りしたようだ。何せ自民党の一人勝ち、野党完敗の「一強多弱」の国会だから、安倍政権は次の選挙まで「黄金の3年間」と呼ばれているが、気の緩みから麻生副総理が「ナチス発言」の失言をしている。
  安倍総理は2020年の東京五輪を成し遂げるため、8年越の超長期政権を目指しているが、その道程は遠い。副総理や参院幹事長がミスを犯すようでは難しいのではないか。

  それにしても、国民は野党に期待していないのか。共同通信が9月14,15日に行った世論調査によると、政党支持率は、自民党44.1%、公明党3.7%に対し、野党は民主党5・1%、維新の会4.7%、共産党4%、みんなの党2・7%、社民党0・4%、生活の党0.2%である。安倍内閣の支持率も61・8%と高いが、とかく世論は変わりやすいから、政治は、「一寸先は闇」と言われている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党の参院幹事長が有権者を「アホ」呼ばわり(No1691) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる