『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 少子高齢化で日本はどうなるのか=敬老の日に考える(No1689)

<<   作成日時 : 2013/09/17 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

  総務省は毎年、「敬老の日」に合わせて、高齢化の進んでいる日本の状況を発表しているが、65歳以上の高齢者が総人口の4分の1に達したことが分かった。「敬老の日」は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という「国民の祝日」であるが、少子高齢化により100年後には、日本の人口が5000万人を割り、老人が増え続けるとしたら、長寿を祝っていられるのか考えさせられる。

  総務省が発表した人口統計によると、2013年の65歳以上の高齢者は前年比112万人増の3,186万人となり、総人口(1億2,731万人)に占める割合が0.9%増の25.0%で4人に1人が高齢者となった。男性が1,369万人で男性人口の22.1%、女性が1,818万人で女性人口の27.8%をそれぞれ占めている。
  年齢層別では70歳以上が2,317万人で総人口の18.2%、75歳以上が1,560万人で12.3%、80歳以上が930万人で7.3%だった。

  高齢者人口は今後も増え続ける。「団塊の世代」(1947〜49年生まれ)が65歳以上になる2015年には3,397万人となり、さらに10年後の2025年に3,657万人となると予想されている。2042年がピークで3,878万人まで増え続ける。
  総人口に対する高齢者の比率も2035年には30.4%となり、国民の3人に1人が65歳以上となる。2060年には65歳以上が39.9%で国民の2.5人に1人となり、国民の4人に1人が75歳以上となる。

  65歳以上が21%となると、超高齢化社会と呼ぶが、こうなったのは、老人が長生きしたせいだけではなく、子どもを産まない若者たちのせいである。出生低下は戦前から始まっていたが、終戦直後のベビーブーム(1947〜49年)で出生数は270万人となり、合計特殊出生率は4.54に達した。しかし1950年代には希望子供数が減少し、人工妊娠中絶(1948年合法化)の普及により、1961年には出生数が159万人(合計特殊出生率1.91)にまで激減した。
  そのそ後、1970年代前半に高度成長を背景にして一時、第2次ベビーブームと呼ばれた時もあったが、1975年には出生率が2を下回り、出生数も1973年の209万人をピークとして2000年には110万人台に半減したのである。

  「敬老の日」は平均寿命が伸びる高齢化を考えることだが、出生が低下している少子化を抜きには考えられないのである。日本の総人口は、明治以降、年平均1%の成長率で増加の一途を辿ってきたが、2004年でゼロ成長になり、日本の人口はピークを迎えている。今後はマイナス成長となって長期的減少過程に入って行くが、現在1億2,731万人の人口が、2046年に1億人を割り、2055年には9000万人をも下回り、100年後の2105年には5000万人を割り、4,459万人と予想されている。そうなった時に老人や若者はどうしているか現在も70歳代の6割が働く意思を持っているが、100年後には、高齢者などの区別がなく、元気な者は働く時代になっているか。誰も働かなくてもいい時代になっているか。想像であるが、「敬老」なんて考えられるのだろうか。

  日本人の平均寿命は男性79.94歳、女性86.41歳だが、100歳以上の高齢者が、昨年より3,021人も増えて過去最高の54,397人となった。このうち2013年に100歳になった人となる人は28,169人である。調査を始めた50年前の1963年の100歳人口は153人だったが、43年間連続増えて355倍となった。ますます長生きするようだ。

  厚生労働省が「敬老の日」が近くなると発表するのが、病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費である。それによると、2012年度に支払われた医療費は、38兆4000億円に上がり、10年連続過去最高を更新した。前年度比6000億円増え、伸び率は1.7%。1人当たり医療費が初めて30万円を突破し、311,000円となった。年代別にみると、70歳未満が181,000円(前年比2,000円増)だが、70歳以上が804,000円(同1,000円増)と平均の2.5倍、70歳以下の4.4倍となっている。老人は金食い虫である。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少子高齢化で日本はどうなるのか=敬老の日に考える(No1689) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる