『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎年日にちが変わる、おかしな「敬老の日」(No1688)

<<   作成日時 : 2013/09/14 13:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

  変な祝日である。今年は9月16日が「敬老の日」となるが、昨年は17日であった。来年は15日に戻るようだ。そもそも「敬老の日」は、戦後の昭和22年に兵庫県の田舎の村で始まった「としよりの日」であった。
  「老人を大切にして、年寄の知恵を借りて村作りををしよう」と、農閑期で気候も良い9月15日を選んで、「としよりの日」と定め、敬老会を開いたのである。
  これが兵庫県から全国へ広がり、昭和40年、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」という趣旨で国民の祝日として「敬老の日」となったのである。

  ところが、「国民の祝日」が役人の気ままで勝手に変えられたのである。週休2日制の普及と共に月曜日を休日にして、土曜日、日曜日と合わせた3連休にして、国民にもっと余暇を楽しませるという「ハッピーマンデイ」制度が創設され、「成人の日」や「体育の日」、「海の日」と共に、9月15日の「敬老の日」も9月第3月曜日と定められたのである。

  以来、毎年、日にちが異なるのである。「敬老の日」が9月15日であることも、祝日とされた趣旨をも忘れられて、ただ9月3連休の1日としか記憶されず、余暇を楽しむだけの休日になってしまうのだろう。何と無意味なことか。
 
  なお「敬老の日」の発祥の地である兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)ではその後も、小中学校が地域の年長者に向けた感謝と敬意を表した手紙を書くことを夏休みの宿題としているという。こんな話も忘れられてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎年日にちが変わる、おかしな「敬老の日」(No1688) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる