『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなの党から離党第1号(No1673)

<<   作成日時 : 2013/08/24 10:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  「党名が偽りなのか仲間割れ」とは、みんなの党を詠った川柳だが、みんなの党から離党第1号が出た。党内で中堅の柿沢未途氏が、渡辺代表と対立して離党届を出した。「政界再編の起爆剤か」との声も聞かれるが、いよいよ野党再編の幕が挙がるようだ。
  柿沢氏は先に幹事長を更迭された江田憲司氏の側近だが、江田氏と一緒に党政調会長代理を解任されていた。

  柿沢氏によると、22日午後3時に、渡辺代表から「何も言わないから、この党から出て行ってほしい」と通告され、2時間後の返答を求められたが、即答できることではないと拒否したという。翌日23日正午、渡辺氏に会い口頭で離党する旨を伝えると、渡辺氏からその場で離党届を書くように要求された。柿沢氏は議員会館の自室に戻り自筆の離党届を書き、提出したという。

  柿沢氏はその直後、ツイッターで「離党届を出した。言葉にもなりません」と一般に公開したが、渡辺氏も記者会見し、「(柿沢氏に)党の方針、私の方針と反する言動があった」と離党届を受理する意向を示した。江田シンパの柿沢氏が野党議員と会合を開いていたのを党の方針に反するとされたようだ。
  柿沢氏も記者会見で「本当に残念だ。はらわたがちぎれるような思いだ。みんなの党は政界再編のために結党したのに、それを目指す人を排除するのか」と事実上追放処分された悔しさを露わにしたが、脱藩浪人として当面は無所属で活動するという。

  渡辺代表は20日の党役員会で、野党再編による新党結成を否定し、複数政党による連立政権を目指す意向を表明し、「欧州を見ても二大政党制は主流ではなく、多党制こそが一般的だ。新党をつくる再編という考えを捨て、政党ブロック(政党連合)による再編を考える時期に来ている」と述べているが、23日改めて、「新党をつくることが目的化している。呉越同舟して党内抗争が起こることは避けねばなばならない。船が瓦解する原因は外科的に取り除かなければならない」と柿沢氏を処分した理由を明らかにした。

  去る7日、江田幹事長は、野党再編を目指し民主党や維新の会の議員と会合したことから、渡辺代表から一方的に更迭された。江田氏は「一兵卒になって役目を果たしたい」と離党を否定していたが、渡辺代表は江田氏の処遇についても「これから考える」としている。党の方針に従わない場合には江田氏にも離党を促す可能性があると見られる。

  それにしても、みんなの党の内紛をほくそ笑んでいる政党がある。先に慰安婦問題で渡辺から絶縁された維新の会だ。当事者の橋下代表は、「渡辺代表と一緒にやりたいと思う国会議員や、渡辺代表のみんなの党と組む政治家は極めて少ないと思う」と批判する。「柿沢氏を中心に維新の会や民主党の若手、中堅が一つにまとまってほしい」と連携への期待感を示している。松井幹事長も「維新の会の若手が柿沢氏と仲良くやっていた。これからもつながりを大事にしていきたい」と語っている。

  それと言うのも、柿沢氏が導火線となって離党する連中の行き先は維新の会しかないからだ。そうなると江田氏がどれだけ同志を連れて離党するかが注目されるが、20人ぐらという見方もあり、渡辺氏は6人ぐらいと見ているようだが、衆院勢力54の維新が離党組を吸収することができれば、57議席の民主党を抜いて維新が衆院第2党に躍り出るからだ。野党のリーダーシップを握ることができるからだ。政党の離合集散は世の常だが、野党再編が本格的に動き出すようだ。永田町では、「オオカミを野に放った」と言われている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんなの党から離党第1号(No1673) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる