『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ自民党は圧勝したのか(No1656)

<<   作成日時 : 2013/07/28 15:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  マスコミが一斉に参院選の総括をしている。その第一は、自民党の圧勝です。予想通りというか、予想以上というか、自民党が野党に大差で圧勝し、国会は1強多弱となった。
  理由は簡単で単純です。狂気の橋下、ボケの慎太郎、お人よしの渡辺、うすのろの海江田、消費期限切れの小沢一郎、存在感のない福島みづほ、党首の顔ぶれを見れば、投票したい政党のない訳が分かる。これほど野党の格落ちした選挙も珍しかった。

  それにしても、マスコミにより、自民党の大勝が喧伝されたので、有権者が白けた影響も大きいようだ。有権者の47・39%が棄権した。棄権率は戦後3番目の高さだ。そのうち一部は、自民党支持者が安心してサボった。残りはあきらめて投票に行かなかった。入れたい政党や政治家がなかったせいもあるが、逆立ちしても自民党を勝てないと分かって、ふてくされて棄権した。これでは自民党が圧勝しないはずがない。だが、投票率が低かったため、自民党の絶対得票率(得票数/総有権者数)は比例代表17・72%、選挙区21・78%で、20%デモクラシイーなのだ。

  しかも34%の投票所が投票時間を繰り上げて有権者を締め出したのは、おかしなことだ。夜は有権者が少ないからと、立会人の負担軽減を図ったというが、そうだろうか。勘ぐりたくなるのは、これまで投票率が高い選挙は、政権批判が高まり、自民党が大敗しているから、投票率を上げない工作ではないのかということだ。
  平成元年の参院選は消費税導入や宇野首相の女性スキャンダルで投票率が65・02%へ上昇した。自民党が大敗し、以来、自民党は参院の過半数を失った。平成19年は第一次安倍内閣の参院選で、政治とカネや年金問題で58・64%へ高まり、自民党は歴史的大敗北を喫した。

  選挙の争点が、衆参の「ねじれ」解消に集約されて、対立軸である「憲法改正」、「消費増税」、「原発再稼働」が争点からぼやけてしまったことも、反自民勢力をばらけさせてしまった。
  同時に「ねじれ性悪説」を巧みに流した。参院は野党が多数を占め、「ねじれ」ているから、政治が決まらないとして、自民党が参院でも多数を回復するのが正論であるかのように世論誘導した。いずれも自民党の巧みな選挙戦略であった。

  これに対して野党はそろってお粗末だった。民主、維新、みんな、共産、生活、社民、みどり、改革、大地の9党が乱立し、選挙協力の戦略も立てられず、ばらばらになった。野党は分かっていて惨敗した。赤子の腕をねじるようなものだった。民主党の馬淵幹事長代行も「横綱の自民党と十両の民主党」の戦いだったことを認めている。自民党は公明党と共に安定多数(129以上)を獲得した。
  こうなって見て改めて自民党政権の暴走を懸念しているのが世論だ。「ねじれ」解消を「よかった」とする世論調査が39・8%にとどまり、「どちらともいえない」が42%。「よくない」17・8%を加えると60%が「ねじれ」解消に不安を抱いている。

  世論調査で68%が野党の再編成が必要としているのは、自民党に対抗する勢力が立ち上がるのを望んでいるからだが、目下、後始末で精一杯というところだ。
  民主党と維新の会は誰も敗戦の責任を取らないようだが、こんなことでは再起は難しい。それにしても、再編成のリーダーシップを誰がとるのだろうか。常識的には弱小とはいえ野党第一党の民主党だろうが、海江田代表にその資質があるだろうか。維新の橋下やみんなの渡辺なども野心はあるが、魅力に欠ける。  
  選挙後の新勢力は与党が自民党115、公明党20、計135。野党が民主党59、みんなの党18、共産党11、維新の会9、社民党3、生活の党2、改革1、諸派1、無所属3、計107である。
  

  問題はこれから何が起きるか。とにかく自民党は衆参合計722議席の過半数(362)を大きく上回る409議席の巨大政党である。ちょっとやそっとで揺がないと思われるが、こんな政権がコケルとすれば、政権内部から崩壊する時だと言われている。
  安倍首相は内心では、「大変なことになった」と肝を冷やしていると言われている。負けている時は結束する党内も、勝った時は勝手に踊り出したり、党内抗争が起きたりするのが、自民党の伝統だそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ自民党は圧勝したのか(No1656) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる