『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦争を忘れるな」という警告か(No1626)

<<   作成日時 : 2013/06/05 08:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  戦時中の不発弾が新幹線を止めたという。「戦争を忘れるなという警告か」と、東京新聞のコラム「筆洗」が書いている。戦後の68年を戦争のない平和を享受してきた我々には、「改憲」の足音が軍靴の響きのように聞こえる昨今だが。

  今朝の朝刊を読んだら、昨日、JR京浜東北線の上中里駅近くで見つかった不発弾処理のため、京浜東北線はじめ、東北、上越、長野新幹線も運休したという。「筆洗」の筆者が乗り合わせたようだ。
  旧日本軍の8センチ高射砲の不発弾だという。太平洋戦争末期、東京に来襲した米軍機を撃った砲弾が炸裂しなかったようだ。自衛隊が出動して周辺に土嚢を積み上げるなど物々しい爆弾処理だったという。

  東京日暮里に住んでいた作家の吉村昭さんが、昭和20年4月13日の東京空襲で米軍機から投下された焼夷弾により焼き尽くされた光景を、逃げた墓地で目に焼き付けている。自著の『東京の戦争』で、<私の生まれ育った町は、その夜、永遠に消滅した>と、書いているが、探照灯の光芒の中に姿を現したB29爆撃機に向け発射された高射砲弾の閃光が見えたという。

  安倍政権になって憲法改正が叫ばれいる。戦争放棄を明記した憲法9条を改正して、国防軍を持つという。自衛隊ではダメなのか。改憲が参院選の公約にされるようだが、昔、戦争を体験した者には、軍靴の足音のように聞こえてしょうがない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「戦争を忘れるな」という警告か(No1626) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる