『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS さいたま市長選告示、現新4人立候補(No1610)

<<   作成日時 : 2013/05/05 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  政令都市のさいたま市長選が5日告示され、再選を目指す現職と新人3人が立候補した。19日投開票だが、7月の参院選の前哨戦として注目される。立候補したのは、いずれも無所属だが、現職の清水勇人(51)、新人の前さいたま市議の吉田一郎(49)、元岩槻市議の大石豊(53)(共産党推薦)、前県議の長沼威(63)(自民党・公明党推薦)の4人。

  清水は昨年の衆院選で落目になった民主党の推薦を受けず、「市民党」を掲げて幅広く支持を呼びかけているが、民主党の支持母体である連合埼玉の推薦を受けている。4月27日に大宮区の鐘塚公園で開いた連合の「県中央メーデー」に、夏の参院選埼玉選挙区から出馬する民主党現職の山根隆治と共に出席し、組合員ら5000人の参加者に支援を呼びかけた。 

  自民党は4年前、民主党推薦の清水に奪われた市長のリベンジを期して、さいたま市議団の擁立した候補を降ろし、県連幹事長の長沼に候補者をしぼった。事実上の清水と長沼の一騎打ちとなった。
 
  昨年の衆院選では、さいたま市を二分する埼玉1区は自民党新人の村井英樹が民主党現職の武正公一(比例当選)を破り、埼玉5区は民主党現職の枝野幸男が自民党元職の牧原秀樹(比例当選)を破り、自民と民主の引き分けとなっているが、4月に入り、ミニ地方統一選の名古屋、青森、郡山などの政令都市の首長選で自民党系候補が敗北している。両党とも大物を繰り込み応援を計画している。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さいたま市長選告示、現新4人立候補(No1610) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる