『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 産経新聞が「無効判決」で毎日新聞を批判(No1602)

<<   作成日時 : 2013/04/01 14:25   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

  産経新聞が、広島高裁の「選挙無効」の判決をめぐり、毎日新聞の社説に噛みついている。「安倍政権潰し?無効判決の毎日新聞社説に感じる政治的思惑」と題したコラムで批判しているのだ。

  毎日新聞の3月26日付朝刊の社説は、広島高裁の「選挙無効」判決について、「選挙無効の衆院選で選ばれた議員に正当性はない。無効が確定すれば失職する議員が関与して成立した法律は有効なのか」としているが、これを取り上げた、産経新聞のコラム「高橋昌之のとっておき」が、「最高裁で判決が確定しない段階で、政権の正統性まで踏み込んで言及するのは、新聞の社説として論議が飛躍し過ぎており、適正と言えるのか。安倍政権にダメージを与える政治的思惑を感じざるを得ない」と厳しく批判している。
  また、広島高裁の判決についても、「裁判所は謙抑的であるべきで、判断を振りかざさない方がいい」とする学者の意見を紹介している。
  
  このコラムの筆者は、産経新聞の遊軍キャップ、高橋昌之記者であるが、地方支局在任中、酒を酌み交わした裁判長から、「法的には勝てない原告を救いたいと思い、原告勝訴の判決理由を考えた」という話を聞いたことがあるそうで、「判決が法的判断ではなく、裁判長の個人的判断によることがある。異例の判決を出して名を残したい思惑が働くこともある」としているが、広島の「無効判決」も、同じことではないかと言いたかったようだ。

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
産経新聞が「無効判決」で毎日新聞を批判(No1602) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる