『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党が自滅したのだ(No1564)

<<   作成日時 : 2012/12/19 12:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  『選挙というものは野党が勝のではなく、与党が自滅するのだ』とは英国の格言だそうだが、まさに民主党は自滅したのである。

 3年前の総選挙では308議席を獲得して政権交代した民主党が、その後の分裂で公示前には230議席に減っていたが、今回の選挙で5分の1以下の57議席になったのは、離党して「維新」や「未来」から立候補して当選した12人を加えても記録的な大敗北である。

  前回は大勝した民主党が今回は大敗した訳を出口調査から探ると、政治に不満を持つ有権者が、前回は自民党に据えお灸を今回は民主党に据えたようだ。
  前回は回答者の49%が民主党に投票していたが、今回は28%に止まった。前回は58%が民主党に投票した無党派層が、今回は23%に止まり、他党に分散したが、自民党にも32%が投票した。

  さらに民主党以外の政党を見ても、「維新」が54、公明党31、「みんな」18、「未来」9、共産党8、社民党2、「大地」と国民新党が各1議席である。自民党の294議席は一人勝ちであることが分かった。公明党の連立で325議席になが、衆院の3分の2を占めると、参院で否決された法案を衆院で再可決が可能になる。事実上「ねじれ国会が解消される。

  ところが自民党の圧勝であるが、得票数は大敗した前回より減ったのである。小選挙区の2,565万票は前回より165万票も少なく、比例区の1,662万票も219万票も少ないのである。
  前回より少ない得票で前回より多い当選者を確得するのは、1位だけが当選する小選挙区のせいだが、それにしても43%の得票で8割の237議席を獲得した自民党が大勝し、その半分の23%を得票しても、自民党の9分の1の27議席しか獲得しない民主党が大敗するのは当たり前のことだ。

  戦後最低の投票率が自民党を押し上げたと言われている。争点が乱立した選挙が棄権を増やしたが、前回の選挙で民主党に期待して失望した有権者のサボタージュもあるようだ。投票率は59・32%と戦後24回の衆院選挙で最低だが、前回を10%近く下回り、第3極の小政党より組織力のある大政党を有利にしたようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党が自滅したのだ(No1564) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる