『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 中盤情勢も自民党の大勝利が不動(No1562)

<<   作成日時 : 2012/12/11 12:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

  衆院選は折り返し点を過ぎたが、毎日新聞(8日〜10日)と時事通信(7日〜9日)がそれぞれ実施した全国選挙区の情勢調査によると、自民党の単独過半数の勢いは動かず、自公両党で衆院の3分の2も可能だという。選挙の予想が得意な政治評論家によると、第3極が期待を裏切ったからだという。
 

  毎日新聞によると、自民党は青森、秋田、新潟、富山、石川、福井、岐阜、鳥取、島根、広島、山口、徳島、高知、佐賀、大分、宮崎の16県で小選挙区の議席を独占。小選挙区だけで240議席をうかがう。比例代表でも全11ブロックで第一党となり、60議席台をねらえる勢いだが、友党の公明党も候補者を立てた全9小選挙区で優勢で比例を含め30議席前後を確保すると、自公両党で衆院の3分の2(320議席)以上を獲得し、参院で否決された法案の再可決が可能なところまで行きそうな勢いだという。
  
  時事通信によっても、自民党は、北信越や中国、四国などで優勢なのに加え、前回惨敗した東京、神奈川などの都市部でも復調し、120を超える選挙区で当選圏に入り、最終的にも200議席を突破。比例区でも60議席超えの見通し、単独で過半数の241議席を超え、すべての常任、特別委員会で委員長ポストを独占し、委員数も過半数を占める絶対安定多数(269)を上回る。公明党も30議席をうかがうという。

  両調査とも民主党は首都圏はじめ全国で苦戦している。前回221勝した小選挙区で40議席程度。比例も前回の87議席を下回り、全体で70議席台に落ち込むようだ。
  第3極も維新が近畿で健闘しているが、全国的に浸透せず50議席台。未来は小選挙区で苦戦。比例と合わせても10議席以下。みんなの党は唯一健闘し公示前の8議席を上回るが倍増するか。
  共産党は公示前の9議席微妙。社民党公前の5議席を後退。新党大地は1議席。国民新党、新党日本、新党改革の議席は難しい。たことが

  政治評論家の小林吉弥氏の分析によると、公示当日に未来が比例名簿の提出をめぐり、「前代未聞のドタバタ劇を演じたことが致命的だった」という。第3極に期待していた有権者から、第3極に政権担当能力がないと判断された。維新も石原慎太郎代表と橋下徹代表代行の原発や自主憲法をめぐる政策や考えがズレており、選挙後についても、連立参加の考えがバラバラで、有権者に「第3極は信用できない」という印象が広まった。さらに公示になって有権者が初めて知った維新候補がどんな人物か分からないこともあるようだ。

  野田首相の抜き打ち解散が影響したようで新党は準備不足が祟ったようだ。第3極は一斉に自民党攻撃を初めているが、小選挙区の巻き返しは困難なようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
中盤情勢も自民党の大勝利が不動(No1562) 『永田町時評』NewsSUN/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/05 21:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中盤情勢も自民党の大勝利が不動(No1562) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる