『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 首相の肩すかしでチキンレースに逆戻りか(No1542)

<<   作成日時 : 2012/10/20 15:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  国会の正常化が期待された3党首会談だったが、首相に肩すかしを食わされ、元の木阿弥であった。国会は元のチキンレースに戻り、、自公両党は民主党の輿石幹事長に一杯食わされた形となった。

  野田首相と自民党の安倍総裁、公明党の山口代表の党首会談は、19日、国会内で開かれ、首相のゼロ回答で会談はわずか40分で決裂したが、前日の幹事長会談で輿石幹事長が、首相が「近いうち」と約束しがている衆院解散について、首相から「具体的な提案があるのではないか」と述べたことから、首相が何らかの形で解散時期を明示をすると期待されていたのである。

  会談で、首相は8月に谷垣自民党前総裁と「近いうちに」と解散時期について合意したことを念頭に「言葉の重みと責任は自覚している。だらだらと政権の延命を図るつもりはない。私を信じてほしい」と述べたと言われtている。
  ただ「条件が整えばきちんと自分の判断をしたい」と赤字国債を発行する特例公債法案の成立、衆院選の「一票の格差」の是正、社会保障制度改革国民会議の早期設置の3条件を挙げ、自公両党に協力を求めたのである。

  これに対して安倍、山口両氏は年内解散の確約を求めたが、首相は最後まで具体的な解散時期を明示したかったため、会談は物別れに終わったと言われている。安倍山口連合軍と首相の間では解散をめぐり「約束したはずだ」、「そんな約束はしていない」と30分以上も激しいやり取りがあったと言われているが、安倍氏は「二か月前と同じ答えしかなかった。これでは全く信頼関係が築けない。怒りを覚える」、山口氏も「非常に国民をバカにした話だ」ともカンカン.。首相は解散の先延ばしを図ったと見て、両氏の首相に対する信頼は完全に失われた。

  野田首相は29日に召集して約1カ月の臨時国会を開くが、国会は与野党のチキンレースに後戻りして、冒頭から紛糾する。法案が成立しないと国民生活に影響する。マスコミは「これでは政治が動かない」として自公の協力を求め、「首相の先送りは無責任だ」として首相の決断を求めているが、国会の国民不在の無責任な政治はいつまで続くのか。いい加にしてほしいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首相の肩すかしでチキンレースに逆戻りか(No1542) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる