『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 解散チキンレースはもう沢山だ(No1536)

<<   作成日時 : 2012/10/05 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

  国会はどうなっているのか。解散チキンレースは続いているのか。民主党は、なぜ、自公に党首会談を呼びかけないのか。なぜ、臨時国会を召集しないのか。理由は明白である。解散総選挙をしたくないからである。

  民主党は野田首相、公明党は山口代表が、それぞれ代表に再選され、自民党は安倍元首相が返り咲いた。首相はさっそくにも呼びかけたいと言っていたが、どうした訳か、3党首会談が行われていないのである。安住幹事長代行によると、野田改造内閣が発足したが、政府与党として議員を配置するポストが200もあるそうで、それが決まっていないからだという。党首会談の呼びかけは来週以降になると見られている。

  民主党は、赤字国債発行のための特例公債法案と違憲状態解消のための衆院選挙制度改正案を臨時国会の最優先課題としている。しかし野党が多数を占める参院で法案成立をはかるには自公の協力が不可欠である。
  これに対して自公は、成立に協力する条件として年内解散の時期を明示することを求めているが、岡田副総理が、「成立のメドが立たなけでば臨時国会を開く必要がない」と開き直っている。赤字国債が発行できないと国の財政がパンクするので、「責任は法案に反対する自公にある」と脅しているのだ。

  それにしても、自公は野田政権を解散総選挙に追い込むことができるのか。何しろ民主党は全党挙げて惨敗必至の解散総選挙に反対である。輿石幹事長が重任してからは一層難しくなったようだ。輿石の持論は、来年8月の任期満了まで総選挙をしないことである。野田首相も解散に踏み切ることが難しくなったと言われている。
  解散権は首相の特権事項である。しかも解散と公定歩合は首相が「ウソ」を言っても責任を問われないというのである。安倍や山口が野田の「近いうち」を責めても永田町では、騙された方が笑われるのである。

 解散を迫るのは、今となっては野田政権の内閣不信任しかないのである。民主党は離党者が続出して過半数を割るわるのも時間の問題と言われている。それにしても自公両党と民主党による解散攻防戦は、一昨年の参院選挙で民主党が大敗し、参院で過数を失った時から二年以上続いている。一日も長く議員の地位にしがみついていたい民主党と一日も早く政権復帰していい地位に就きたい権力亡者の自公によるチキンレースである。いずれも国民より自分が第一である。
  解散チキンレースにより、国会審議が停滞し、政治はすっかり歪んでしまった。第三極が期待されているのも、既存政党が解散レースに現を抜かしているからである。どちももどちだが、国民の信を失った民主党が降参するのが筋である。チキンレースはもう沢山である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
解散チキンレースはもう沢山だ(No1536) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる