『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党も自民党も勘違いしていないか(No1545)

<<   作成日時 : 2012/10/22 18:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

  民主党も自民党も勘違いしている。両党が「お前の方が悪い」と罵り合ってガキのように喧嘩しているのを、国民はどんな気持ちで見ているか。愛想尽かされているのが分からないのだろうか。
  
  民主党に国民から政府を任されている自覚がない。国民の支持を失った内閣は、速やかに総辞職するか衆院を解散して国民の信を問うのが政治の常道であるが、政権にしがみつき、解散総選挙を恐れて逃げ回っている。
  自民党も政府提出の法案が国民に必要なものなら反対してはならない。赤字国債発行法案を人質にして解散を迫るなど政治の古くさい手法だ。法案を通した後で正々堂々と解散を要求すれば、国民も納得するというものだ。

  29日から開かれる臨時国会をにらみ、与野党の駆け引きが続いている。民主党は自公両党以外の野党に党首会談を呼びかけ、法案の審議に協力を要請している。岡田副総理は「これまでの総理大臣が『いつ解散する』などと言ったことはない。解散を約束しなければ、国会で質問すらしないというのなら、国民の期待を裏切ることになる」と述べ、野党をけん制したつもりでいるが、国民の期待を裏切ったのは民主党ではないのか。

  民主党内にも常識人がいるようだ。前原国家戦略相の「年明けに解散したら『近いうち』ではない」と年内解散論が飛び出したから大慌てである。安住幹事長代行が「個人の感覚として発言したと聞いている」と訳のわからないことを口走り、「党執行部の意思ではない」と大急ぎで取り消した。
  前原の言いたいのは、「解散と言ったら途端にレームダックになるから言わないが、野党が法案に協力することが解散への近道になる。首相は誠実な人だから自分の言ったことに責任を持つ」ということだ。

  自民党が収まらないのは当然だ。石破幹事長は「消費増税法案を成立させるのに『近いうちに』と解散を約束しておきながら、成立したら約束を忘れたような顔をしている。何月何日などと言えということではない。懸案を処理したら速やかに解散するとか言い方はいろいろあるはずだ」と怒りを爆発させているが、自民公明両党は、年内解散が確約されないと審議に応じない構えだというが。
  政治評論家の田中良紹氏によると、「どこの国でも政治にウソや裏切りは付き物で、政治家は騙すより騙される方が悪い。騙されるような政治家では国際政治の陰謀から国民を守ることはできない」ということになる。

  大方の政治評論家は、「野田首相は解散したくないのではないか」と言っている。何しろ解散総選挙となれば、民主党の惨敗は必至と言われている。隠しているが、民主党が行った調査では、現有議員240人のうち3人に2人が落選して80人になると言われている。党内は解散恐怖症で大量離党者が出るとか野田降ろしが始まるとか噂が飛び交っている。首相が解散すると言った途端に蜂の巣を突いたような大騒ぎになると言われている。とても解散を言える雰囲気ではないそうだ。

  だからと言って、こんな状態の民主党に政権を任せておくのははなはだ剣呑なことである。延命をはかるためなら何を仕出かすか分かったものではない。朝日新聞の10月21日の世論調査によると、支持率は2割を切り(18%)、不支持率は6割に達している(59%)野田内閣は、国民の支持を失ったと断ぜざるを得ない。速やかに退陣すべきである。ここは民意を代表するマスコミの出番である。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党も自民党も勘違いしていないか(No1545) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる