『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党を潰した首相として歴史に残る(No1516)

<<   作成日時 : 2012/08/15 04:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  消費増税法案が成立したので、司令塔であった財務省の勝英二郎事務次官が退任するそうだ。「10年に一度の大物次官」と言われ、影の「総理」とも言われていた。次官ポストに2年以上居座ったのは、橋本内閣以来、15年ぶりの消費増税を実現するためであったが、晴れてお役御免となった。
   野田首相も功労者として財務省史の竹下、橋本両元首相と肩を並べるが、民主党を潰した首相としても歴史に残ることになりそうだ。

   問題は民主、自民、公明3党の談合により決められた「国民不在の消費増税」であることだ。目的の社会保障充実を棚上げし増税だけ食い逃げしたことだ。
  消費税率が引き上げられるのは、14年4月から8%、15年10月から10%である。それまでに2回も選挙がある。早ければ秋の衆院選挙と来年夏の参院選挙である。世の論調査は5割以上が消費増税に反対している。国民は国民不在の消費増税を許しておくだろうか。

  次の衆院選挙では消費増税を談合した民自公3党が国民の審判を受けることになるが、最近の世論調査によると、民主党の比例が全国各ブロックで人気のある「大阪維新の会」に抜かれて3位に転落したとう。民主党は歴史的な大敗北を喫し、自民党も単独過半数に届かず、満足な勝利を得られないようだ。「第3極」が躍進すると言われている。


  野田首相が解散総選挙を「近いうち」としたことから、「第三極」を目指す地域政党が衆院選に備えて本格的な「政党化」を模索しているが、「大阪維新の会」の高い支持率が注目されている。

  国民が既成政党に失望していることから、次の衆院選は新党ブームになりそうだ。橋下大阪市長の「大阪維新の会」、大村愛知県知事の「中京維新の会」、河村名古屋市長の「減税日本」が名乗りを上げており、石原東京都知事の「石原新党」も噂になっているが、現職国会議員を5人以上集めて選挙に有利な政党になるために、衆参の与野党議員を勧誘しているという。

  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党を潰した首相として歴史に残る(No1516) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる