『永田町時評』NewsSUN

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆院選予測は民主党99、自民党192、維新110(No1518)

<<   作成日時 : 2012/07/26 16:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  参院の消費増税の審議が大詰めを迎え、いよいよ解散間近かとなった。政治評論家の予測によると、次期衆院選では民主党は6割が落選する大惨敗だが、自民党も伸び悩み単独過半数に達せず、大阪維新の会が大健闘しそうだ。だが小沢新党は議席を減らすようだ。

  民主党は現有の250議席から151議席失い、小選挙区60、比例区39の99議席に転落する歴史的な大惨敗する。与党の国民新党や新党大地も議席を減らし、与党は無所属を合わせても101議席に止まり、現有の261議席から大きく減す。過半数に140議席も足りないという。

  大躍進を期待した自民党であるが、小選挙区144、比例区48の192議席と伸び悩み、73議席増に止まり、単独過半数には49議席足りないという。
  消費増税の目的を「税と社会保障制度の一体改革」としながら、社会保障改革を棚上げし消費増税だけするが、その真犯人が民自公3党であることが明らかになっているからだ。しかし公明党は前回全滅した小選挙区で復活し、小選挙区8、比例区20の28議席と7議席増となるという。

  既成政党への失望感から「台風の目」となりそうなのが新党だ。橋下大阪市長の「大阪維新の会」は、小選挙区65、比例区45の110議席となり、比較第2党に大躍進するという。大阪19選挙区のういち9選挙区、兵庫12選挙区のうち6選挙区、埼玉15選挙区のうち8選挙区、神奈川18選挙区のうち5選挙区が「有力」となっている。

  小沢新党の「国民の生活が第一」は、小選挙区6、比例区10の16議席に止まり、現有より21議席減となるようだ。小選挙区の「当確」は小沢代表を含め3人。最悪は一桁もあるという。だが他の新党と協力すれば、50議席台可能だという。

  「みんなの党」は、小選挙区5、比例区7の12議席で現有より7議席伸ばすようだ。予想より伸びないが、比例区で維新の会や小沢新党に票を持って行かれ、貧乏くじを引くからだという。

  この分析は@野田首相の下で解散するA維新の会が全小選挙区に候補者を立てるB維新、小沢新党、みんなの会は選挙協力をしないことを条件としている。だから第3極が結集することがあれば、予測が大きく変わるとみているようだ。維新、小沢、みんなが選挙協力すると比較第一勢力になる可能性もあるとしている。選挙の結果は、民主党が分裂して政界再編が動き始めるようだ。
  


  政党別の獲得議席予測は次の通り
  <与党>民主党99(現有250)、国民新党1(3)、新党大地1(3)、新党日本0(1)、与党系無所属0(4)、計101(261)
  <野党>自民党192(119)、国民の生活が第一」16(37)、公明党28(21)、共産党7(9)、新党きづな0(9)、社民党4(6)、みんなの党12(5)、たちあがれ日本2(2)、新党改革0(0)、大阪維新の会110(ー)、野党系無所属8(10)、計379(218)

  
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衆院選予測は民主党99、自民党192、維新110(No1518) 『永田町時評』NewsSUN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる